上手に返済するコツ

カードローンで借りたお金は返済しなければなりませんが、契約前は金利や融資までの時間などが気になり、どの位のペースで返済するのかを見落としがちです。借入額に対して毎月いくらの返済が必要なのかは把握しておくようにしましょう。

 

借入額と返済額の関係についてはカードローン会社によって変わってきます。借入額10万円毎に2,000円ずつ返済額を刻んでいくタイプもあれば、限度額30万円以内なら借入額の4.2%という風に割合で決まっているタイプもあります。どちらにせよ言えるのは、借入額が大きい程返済額も大きくなるという点です。過剰な借入れは返済の負担を増やすので注意が必要です。

 

カードローンを上手に活用するなら、返済額が少ないからよいとは限らないと覚えておきましょう。10万円借りて毎月2,000円しか返済しない場合、払ったお金の多くが利息に消えてしまいます。中々元金が減らないので、返済総額がどうしても増えてしまいます。

 

賢く利用したいならば逆に繰上げ返済がお勧めです。カードローンの利息はどこも、借入れた日数分しかかかりません。例えば給料日前でお金が足りない時、3万円程度生活費として借入れをしていても、数日後に完済してしまえば利息も数十円程度で済みます。

 

使い方といった面で見れば、提携ATM利用手数料がかからないカードローンなら返済も効率的に無駄なく行えます。いつでも手数料が無料なオリックス銀行カードローンなら返済を週末に行うとしても手数料がかからないので、余計な負担なくスムーズな返済が可能です。

 

返したいときに手数料を気にせずに返済が行えるので、上手な返済方法を考えるなら手数料が無料のオリックス銀行カードローンには注目です。