カードローン利用のコツ

カードローンとは、使い道自由で現金を直接借りられるローンです。欲しい時にすぐにお金を引出せるので、いざという時に役立ちます。周りにカードローンを利用している人なんていないと思っている人も多いですが、カードローン利用者は思っているよりも多いです。

 

2015年に金融庁が行った調査によると、過去3年以内に借入れをしている人の割合は8.7%だそうです。意外と身近にも、カードローン利用者はいるかもしれません。

 

カードローンを利用する時にはいくつかのコツがあります。上手に活用するコツを掴んでおかないと、カードローンで思わぬ失敗をする可能性もあります。どうせ利用するなら賢くお得に利用しましょう。

 

利用者の多いカードローン

 

カードローン金利の見方

カードローン選びで重要なポイントの1つが金利です。カードローンで借りているお金には利息が発生するので、できるだけ低金利で借りたい所です。公式サイトやパンフレットを見ると、カードローンの金利には幅があるのが分かります。例えば最高限度額800万円で金利3.0%~18.0%という場合、借入は最高でも800万円までで、金利は最低3.0%で借りられる可能性が有るという風に取れます。

 

しかし実際には、最高限度額までカードローンを利用する人も、最低金利が適用される人も、ほとんどいません。

 

金利については、まず最高金利で借入れをする人が最も多いです。カードローン比較をする時は最低金利を無視して、最高金利で比較をしましょう。最高金利が低いカードローンが、もっともお得に借りられる可能性が高いです。

 

例えば金利3.0%~18.0%のカードローンよりも、金利4.5%~14.6%のカードローンの方が、低金利で借りられる可能性高いです。

 

下限金利だけで見れば最短即日融資で借りられる川越市モビットは3.0%と低くなりますが、実際には上限金利の18.0%での適用となる場合が多いので金利が高くなるのです。

 

カードローン借入れまでの期間

カードローンの特徴の1つとして、融資までの手続きの早さがあります。各種ローンと比べるとカードローンの借入れには時間がそれ程かかりません。最短で即日融資にも対応しています。

 

ただし、本当に急ぎでお金を必要としている人にとっては、どうしても今日中に借りたいという状況もあります。即日融資の条件については注意が必要です。

 

例えば同じ即日という言葉でも、即日融資と即日審査回答では内容が異なります。即日融資では、審査結果はもちろん融資も当日中に受けられます。一方即日回答の場合、実際の契約、借入れまで当日中に間に合うという保証はありません。急ぎであれば即日融資対応のカードローンを選びましょう。

 

また、即日でお金を借りる場合、カードを直接受け取れる所と、口座へ直接振り込む所があります。口座振込で借入れをする場合、時間帯によっては振込反映が翌営業日になってしまう所もあります。

 

返済方式と返済額も確認

カードローンを利用する時には、借りる話だけではなく返済についてもきちんと確認しておきましょう。借りるだけ借りたはいいが返済が間に合わない、では困ってしまいます。

 

カードローンの返済期間には、35日毎のサイクル制、毎月同じ期日までに返済する約定日制、好きな時に返済する随時返済制の3種類ありますが、最も多いのが約定日制です。毎月返済日が決まっているので、返済の計画が立てやすいのがメリットです。返済期日については毎月1日など決まっている所もあれば、自分で決められる所もあります。

 

毎回返済する金額についてですが、カードローンでは借入額によって返済額が決定するのが一般的です。ただし、借入額に対する返済額の割合は、申込むカードローンによって変わってきます。例えば10万円借りた場合、少ない所では毎月2,000円の返済ですが、多い所では毎月10,000円の返済を求められる所もあります。

 

また、カードローンについては、繰上げ返済に手数料がかからないのが一般的なので、多めに返済するのは自由です。

 

繰上げ返済が進めやすい利点を生かして、目的ローンの代わりにカードローンを利用するといった方法もあります。あまりにも大きな金額で借りる際には適しませんが、数十万円程度なら目的ローンよりも手軽さなども含め、カードローンが優れる状況もあります。

 

車の購入のためにお金を借りるとしても、数十万円の中古車購入ならマイカーローンと比較をしてもカードローンの返済負担はそこまで爆発的には大きくはならないので、繰上げ返済の進めやすさといったカードローンのメリットを考えると、総合的には優れているといった見方もできるのです。